サーバーのエンジニアになるためにスクールで勉強しよう

サーバーのエンジニアになるにはスクールに通うのが近道になります。IT業界にはなくてはならない職種の一つですが、今後技術の発展が相まってどんどん需要が増えています。それに伴って実際の業務の現場で必要になってくる技術も増えていき、どんどん高度化していっている状況です。独学でこれらを学んでいくとなると相当な意思と覚悟が必要です。自分で独学するとしても進め方がわからなかったり、机上での勉強だけになりがちです。実際に機器を触れながら学んでいくことがより深い理解へとつながるでしょう。同じことを学ぶ人たちがいる環境に身を置くことはその後の人生にも役立つことがあるといえます。実機を実際に動かして学習できる環境が整っているところを探して行ってみて、技術者への第一歩を踏み出してみましょう。

構築と保守という業務内容である

IT業界でインフラ系と形容される職種の中にサーバーエンジニアがあります。構築と保守があり、どちらかの業務に特化していきます。構築の方はWEBやメールなどの様々な労務で使うものを設計していくのです。適切なハードウェアを選び、配線していき、OSや必要なアプリケーションの設定を行います。トラブルに対応するための余裕を持たせたつくりにしたり、負荷を分けて集中させないようにしたりして、安全性の強化をします。保守の方はサービスが開始されたときにトラブルなく動作するように監視し続けます。障害がでたら迅速にどこか絞り込み、立て直す作業に入ります。普通の状態を保てるようにするのです。障害の有無に関係なく常に正常に動いているかどうかを監視し続けて、生じる問題に対策を立てます

実際に実機を使って学習する環境がスクールにはある

インターネットが世界に浸透したことで、大規模なネットワークを構築したり、WEBサイトやデータベースにとって大事なサーバーの確立ができる能力が必要となってきます。スクールではOSとしてLinuxを使ったパソコンを実際に動かして学習します。企業での仕事に役立つ技術の習得とサーバーエンジニアにとって必要なLIPICという資格の所得がスクールでの目標です。一人につき1台ずつLinuxを入れていきます。Linuxをインストールするところから始めて、各種設定を行い、覚えると便利なコマンドを駆使してシステムの保守の仕方を学んでいくのです。最終的にはLinux技術者認定試験であるLPICが取得できるようにしていきます。実機を使って学べるので資格の所得が安易になるのです。

受講料・教材費は0円という驚きの価格となっております。 研修会場となるオフィスは通いやすい関東の人形町になります。 入社後もあなたに合った沢山の研修内容でスキルアップすることが可能となっています。 希望者に限り研修終了後の正社員雇用もご用意しております。 日本初!!未経験者のための交通費が出るエンジニア研修はITトレーニングセンターだけ! スクールに通ってサーバーエンジニアを学ぼう